2013年

12月

13日

「成果が上がるホームページ」のための楽しい会計の話

情報配信は「消費」ではなく「投資」

ホームページを制作して、集客して、商品販売やお問合せにつなげる。

つまり…事業者であれば、一般的には「成果が上がるホームページ」にする。

…これが一番の「ホームページ」の意味だったりします。 

  1. 制作…これは、ホントにJimdoを使えば簡単ですよね。
  2. 集客…SEO対策やリスティング広告他、いろんな方法があるようです。
  3. 成果…これを上げるのが、凄く難しい。いきなり結果が出るように、どなたにも閃きのカミさまが降りて来るわけではありません。

 制作して集客した後、何が顧客に伝わり、何が伝わり切れていないのか…

どういうビジュアルや、どういうキャッチコピーを用意して、どのように配置すると効果が生まれるのか…

時には、さまざま「仮説」を立てて、自社の埋もれている経営資源を、どう活かすと潜在的顧客にもたどり着けるのか…なんてことまで…

アクセス解析(Jimdoの「プロ」や「ビジネス」プラン)や、googleアナリティクスなどの活用によって「検証」して、また次の「仮説」につなげる。しかし、そこに辿り着かず、上記1.)や、2.)で止まる事業者がとても多い背景を、Jimdo Cafe 神戸と大阪を近藤氏と一緒に運営している、Jimdo Evangelistの河合が探ってみました。

仮説・検証の繰り返しができる環境

ココでは、アクセス解析のことや、その解析データに基づく「効果的な仮説の立て方」の話はまたの機会とさせていただきますが…

実は、上記1.)や、2.)までは行いながら、「成果を上げるための、仮説・実行・解析と検証」を繰り返すところに至らない事業者さんがとても多く見受けられます。

そして…このような事業者は、案外、企業規模が大きいところに多い傾向を感じます。

 

要するに…ホームページ制作に要した時間・労力・資金を「消費」するのではなく、継続して進化させるための「投資」して「自社資産」とすべく、「運用管理」することがとても重要になるのです。つまり、ホームページという「資産」を「運用」すべきなのです。

それでは、どのようにすれば「消費」ではなく「投資」という行動に移せるのでしょうか?

 

私は、Jimdo Cafe 神戸と大阪を一緒に運営している近藤氏が経営すAMR社とチームを組んで、ホームページ運用のコンサルティングによって、さまざまな業種のwebサイトからの業績アップに力をお貸ししています。

その手法について興味を示された事業者から、我々チームに面会のお申し出を頂く時は、いつも次の概念についてお話しています。

『ホームページが完成した時点をゴールにならないようにするために、経営者にしっかりと認識して頂きたい「会計的概念」』のお話をして、まず環境を整えるところから始めています。

 

この話は、私の会社のホームページコラムでも記載したことですが、このJimdo関連の場でも披露させて頂きます。

ホームページに対する大切な「会計的概念」とは…

ホームページ制作に要した時間・労力・資金を「消費」してしまう企業の大半は、どうやら、制作に掛かったお金を、一括経理処理できる「経費」処理をしてしまいがちのようですね。いわゆる「販売促進費」で計上してしまうんですね。

しかし、「本来、ソフトウェアの概念に近いホームページは、無形固定資産として計上すべきでは?」との見解が、最近あらためていろんなところで出ています。これはどちらを採択すべきかは、各企業によってそれぞれの判断で経理処理されているようですが…「概念」としてはとても大切な要素があるように思います。

 

そこで、会計的な概念の前に、私たちはいつもホームページに対する考え方を、次の捉え方をして頂くことをお勧めしています。

つまり、ホームページに対する概念としてあるべき姿は、「潜在的顧客の発掘」ならびに「顧客および社員認識度アップ」のための大切な『コミュニケーションツール』でもあるという捉え方です。

その本質を間違えないようにしたいのですが、残念ながら「作成された時点がゴール」となってしまっているケースを大変多く見かけます。その間違いを起こさぬよう、「会計的概念」で理解されるのが一つの方法であるということです。

そもそも、ホームページ制作が完成した時点がゴールという認識では、費やした時間・労力・資金の全てが無駄になる可能性もあるわけです。やはり、事業者ホームページは、経営者サイドの高い認識のもと、出来上がった後の「運用」がとても大切です。

  • どのようなアプローチでサイトユーザーに知られ、どのように反応され、どのように企業側の意図が伝わっているのか…
  • 時には、サイトユーザーからの反応から見出される新たな商品開発にどのように活かされるいるのか…

などなど、コミュニケーションツールとして活用することがとても大切なのです。

 

何度も念を押しますが、ホームページは、経営者の感覚として「いかに顧客財産につなげるための大切な『資産』」として成長進化させないといけないのかと捉える必要があるわけです。そうするならば…ホームページを「事業資産」…つまり貸借対照表の無形固定資産という概念を持てば良いのです。すると…「資産運用」をしなければという意識も芽生えます。しかし、大半の事業者が一括処理の「経費化」としてしまうことで、余計に経営者はホームページの変革進化…つまり「運用」はおろそかになりがちになります。

 

本来、事業者の存在価値とは、「新しい価値」を創造し続けること。だからこそ、エンドユーザーとの重要なコミュニケーションツールとして「ホームページの資産形成化」という概念の有効性」を、粘り腰で提案し続けています。

ホームページは「含み益」をもたらす「固定資産」

少し踏み込んでお話ししましょう。

ここからは、少しでも経理仕訳業務や複式簿記を勉強された方なら簡単にイメージして頂ける話です。

ホームページを無形固定資産として計上する際、制作に掛った資金(つまり現預金)が減少し、無形固定資産が増加します。したがって、その仕訳処理では、総資産は膨らみません。もちろん、ホームページ制作で計上した無形固定資産は、5年の定額償却により、2年目以降から、「会計上の資産」は数字の上では目減りします。

しかし、事業経営者としては、自社の財務諸表を経営判断に活用しようと目に触れることが多く、「資産勘定」に計上されているものについては、なんとか「運用しよう」という意識が当然働きます。それこそが「ホームページも、しっかりと顧客形成に結びつく運営をしなければならない!」という意識の芽生えです。これが、事業期間一年の業績を表わす経費化にしてしまうと、二年目にはもう、過去のことになっていって、お金と労力を掛けた意識すら、不思議と薄らぐんですね…。

この「ホームページの運用」をしっかり行うことは、新たな顧客増加・売上増加に結びつく可能性が高く、現金収入・インカムゲインになる可能性を充分に秘めています。

つまり、ホームページの資産計上は、会計上は、年々償却されていったとしても、しっかりと現金収入につながる「運用」となっているということは、堂々と「含み益」を得る要素になり得るわけです。

 

「ホームページ訪問者の心に届くコンテンツ配信をし続けているか」を重視することで、業績アップ⇒現預金増加という形で、良いキャッシュフローに変わるという含みに繋がります。ここに、制作のための現預金支出が、「費用(販促費)」として一過性のコスト流出とさせているのか、顧客形成のために役立てようと投資したものを「資産運用」しているのかの差が出ることになります。

組織内の相乗効果も期待

私達が関与させていただく事業者さんでは、ホームページを「わが社の大切な資産」としてしっかり運用され始めると、集客や売り上げ増加などの目に見える効果がありますが…

実はそれ以外の経営資源にも良い効果が表れることがあります。

 

そもそも、皆さんのお店や会社では、スタッフや社員の方々がどれくらい自社のホームページをご覧になられているでしょうか?…この問いかけにも、事業経営者のほとんどの方が「耳が痛い」とおっしゃいます。そう…こんな答えが返ってきます。

「うちのホームページは変わり映えがしないから、一度くらいしか見られていない」「書いてあることがスタッフには解りづらいらしい」

一番残念なパターンとしては…「うちにホームページがあること自体、知らないスタッフもいるかもしれない…」

いえいえ、決して恥ずかしい話ではありません。なぜなら、それが一般的になってしまっているのが実態ですから…。

しかし、ホームページという資産をしっかりと運用することで、まずはホームページからの問い合わせや集客が伸びた部署のスタッフから、サイトコンテンツに対して、とても意識が高まる可能性があります。

 

そして、コンテンツ改善のために、さまざまな社内提案までなされることがあります。時には、ホームページへの問い合わせや反応を見ながら、自社のポテンシャルを大いに活用して、新たな価値創造…つまりお客様に喜ばれる商品開発にまでつなげるケースもあります。

 

これらは、全く大げさな話ではありません。少なくとも私達がお手伝いさせて頂いた事業者さんで、そのような事例を目の当たりにしています。

 

スタッフのモチベーションが上がり、能動的な動きに変わる…企業風土や文化が良い方向へ向かう。

…これは顧客満足につなげるとても大きな経営資源ではないでしょうか?

途中、会計の言葉で語り、少し硬い文章となり、申し訳ありません。

でも…私達が目指す方向は、事業者の皆さんが、心豊かさを提供する価値創造と一緒に、事業者の先におられるお客様や、働いておられるスタッフの笑顔と一緒に歩むことだったりするんですよね…

なお、Jimdo Cafe 大阪と神戸では、常に「成果の上がるホームページ」を意識して、個別相談会や意見交換会などを実施しています。もちろん、日頃このような小難しい会計の話などはしません。

しかし、Cafeをご利用になられる方は、大半が小規模事業の「事業経営者」さん。その事業経営者ご本人の魅力やお人柄、その方が今のご商売を始めることになったストーリーが、一番の「貸借対照表における資産」の部分に見えたりします。

 

まずは、その魅力的なパーソナリティの「資産」が、ホームページでもしっかり良い形で表れているかをじっくりご本人と話し合ったりします。お話していくと、やはりJimdoの使い方・技術的な話が3割で、あとの7割は事業相談になったりします。

 

しかしまあ、Jimdo Cafe 神戸と大阪では、不思議と…心豊かさを提供される素晴らしい商材を展開されようとしている事業者さんとの出会いがとても多いこと…。その素晴らしい人と商品に出会い続けたくて、近藤君と河合2人はJimdo Cafeをやっているのだと思います。そして、とても嬉しいことに、Jimdo Cafeのご利用者同士が、本当に仲良くなられ…もう立派なコミュニティになりつつあります。

 

私たちは、こうしてご利用者の皆さんと一緒にJimdo Cafe 神戸と大阪の「資産」を形成させて頂いているのだと確信しています。

 

2013年12月13日

Jimdo Cafe 神戸&大阪&Jimdo Family 関西の運営者の一人:有限会社バックステージ 河合義徳