寄り添いサービス

Jimdoでホームページ自己制作から開設までプロ二人が寄り添うサービス

全4回のカリキュラムで魅力のあるホームページを

二週間に一度の頻度で全4回のカリキュラム。

(各回、約2時間程度の実施で、各回開催までの宿題アリ)

 

<第一回目>打ち出し方の整理・各ページの構成決め

【宿題】各ページに掲載する文章作成・写真素材準備

 

<第二回目>デザイン確定・TOPページのレイアウト配置決め

【宿題】TOPページ以外のページに文章挿入、写真配置

 

<第三回目>仕上げ・ブラッシュアップ

【宿題】改善点の見直し

 

<第四回目>総仕上げ、ブログ活用指導、更新時の注意点など

実施場所:session STUDIO(大阪市西区京町堀1-8-31-209)

実施期間:約2カ月(実施日時は都度ご相談)

実施価格:9万円(税別)・・・初回お支払い


 

「寄り添いサービス」ご利用者の感想

この「寄り添いサービス」第一号のお客様が、全4回のカリキュラムを終えての感想ブログに、ポイントを箇条書きして下さっていました。

  • 日々の仕事が先で、サイト創りが中々進まなかったのに、スピードが向上
  • 普段当たり前だと思ってやっているコトに、スゴク価値があると気づかせてもらえる
  • 自分達の良さをうまく引き出してもらえる
  • これまでの仕事の棚卸し作業でもあり、将来的な方向性や夢を改めて考える時間になる

なかなか進捗せずに悶々とされている事業者さんは、ぜひご利用下さい。

ご自身でホームページを作る意義

「Jimdoでのホームページづくりがカンタンなのは解ったけど…自分独りでは、どうしても良い形で表現できないから、最初だけ制作いただけませんか?」というご依頼がたまにあります。

メールが打てるレベルのパソコン知識でも、Jimdoなら基本操作を覚えれば、自分でも情報更新はサクサクできるため、「最初」だけプロに任せるというお考え…解らなくもありません。

 

ただし、その場合…「とりあえず」ではなく、しっかり成果が上がるサイトにするためには、外部に依頼すると、Jimdoを使ったとしても、結果的には20万円とか、場合によってはその倍くらいするケースもあります。

たまに5万円、10万円でというケースもあるようですが、そのサイトは「とりあえず」感が否めない残念なサイトになるケースもあり、安物買いの銭失いになっているケースも散見しています。

  

そうした中、神戸と大阪でJimdoCafeを運営しているボクらは、一つの考えがあります。

予算がない小規模事業者がJimdoを使われるなら、「最初だけはプロ」ではなく、「最初からご自身で」ということをおススメしています。

 

なぜなら、ホームページ制作をする時は、「自社の事業方向性の整理や、顧客との向き合い方」をしっかり見つめ直すいい機会だからです。

むしろ、その部分が整理できていないと、ご自身でつくろうが、外部に依頼しようが…成果が上がるものにはなりません。

事業計画や事業ビジョンが明確でないままでは、ホームページの存在以前の問題で、事業継続性の可否すら問われることです。

だからこそ、ホームページを「自分でつくる」意味があるのです。

 


JimdoCafe ご利用者のご要望から生まれたサービス

そうは言っても…

「どうしても上手く表現できない」

「自分で作る時間管理ができないのでなかなか進まない」

「極力コストを抑えて成果の上がるホームページを立ち上げたい」

 

…そうした方はどうすれば良いのか…。

 

大阪のJimdoCafe運営者は、以下の二人がいます。

・本業が事業カウンセリングやコミュニケーションプロデュースをしている河合(Jimdoエバンジェリスト)

・本業がそもそもWeb制作会社の経営者である近藤(Jimdoエキスパート)

この二人が一組となって、ガッツリ寄り添ってホームページ完成に導く以下のサービスを始めました。